C言語 プログラミング

if文による 条件分岐 Repl.it 【 C言語 入門 #3 】

 

みやちゃ

 

皆さんこんにちは、みやちゃです!

物理とプログラミングについて解説しています!

こちらの記事で、Railsのアプリケーション開発からRspecのテスト、herokuにデプロイまで解説しています!

今回はC言語の第3弾です!

条件分岐について解説します。

今回は
  • if文による条件分岐
この記事を読むと

条件分岐の書き方を理解することができます!

Repl.it

こちらの記事ではReplitを用いてプログラムを書き、実行していきます。

「Replitとは何か」、「Replitの使い方」について知りたい方はこちらの記事(Repl.itの使い方)で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

まずは、https://replit.comにアクセスして、コードを書く準備をしてください。

ファイルの作成

新しく「miyacha.c」というファイルを作成します。

左上の「+」マークのところからファイルを作成します。

「miyacha.c」と入力して作成します。

このファイルに条件分岐のコードを書いていきましょう。

条件分岐

if文を用いることで、条件分岐をすることができます。

if文は条件式を書き、その中に、条件を満たした時の処理の内容を書きます。

以下のコードを見てください。

#include <stdio.h>

int main()
{
    int y = 50;

    if (y > 40) {
       printf("%dは、40より大きいです。\n", y);
    }
    return 0;
}

コードの内容としては、int型でyという関数を宣言し、50という値で初期化しています。

次にif文の条件式で、y > 40 としています。条件式を満たした時の処理として、文字列を出力します。

8行目の「%d」の部分では、yの値を代入しています。

プログラムを実行して見ましょう。

Shell画面を開いて、以下のコマンドを実行してください。

~/c-practice$ cc miyacha.c
~/c-practice$ ./a.out
# 実行結果
50は、40より大きいです。

実行結果は上記のようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、if文による条件分岐とwhileによるループ処理について解説しました!

 

みやちゃ

 

ここまでご覧いただきありがとうございます!

こちら のUdemyの動画教材は、8時間で、

  • Dockerで仮想環境構築
  • Railsの基礎を解説しながら、アプリケーション開発
  • RSpecでテストを記述

まで解説しています。

Udemyの教材へ

Railsエンジニアとして働くために必要な、DockerとRSpecを同時に解説してくれています。

DockerとRSpecを使って作ったポートフォリオはかなり評価が高くなります。

ぜひ動画を見てみてはいかがでしょうか?

Udemyの教材へ

受講生は、5000人以上!です。

さらに、Udemyは、30日間の返金保証付きなので、いつでも返金できます。

たったの8時間でDocker、Rails、Rspecを学ぶ即戦力Railsエンジニア養成講座

© 2021 みやちゃのブログ Powered by AFFINGER5