Python プログラミング

Python Excelファイルの読み込み、上書き保存【Python入門#9】

 

みやちゃ

 

皆さんこんにちは、みやちゃです!

物理とプログラミングについて解説しています!

こちらの記事で、Railsのアプリケーション開発からRspecのテスト、herokuにデプロイまで解説しています!

今回はPythonの第9弾です!

エクセルファイルを読み込む方法を解説していきます。

今回は
  • Excelファイルの読み込み・上書き保存方法
この記事を読むと

PythonでExcelファイルを読み込み・上書き保存のやり方がわかります!

openpyxl

Excelファイルをpythonで読み込むためには、openpyxlというモジュールが必要になります。

python3にopenpyxlをインストールして、インポートすることにより、モジュールの機能を利用します。

openpyxl インストール

それではopenpyxlをインストールしていきましょう。

ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行してください。

miyacha$ pip3 install openpyxl

上記のコマンドを実行すると、python3にopenpyxlをインストールすることができます。

実行結果に以下のような結果が出力されたら、問題なくインストールできています。

Installing collected packages: et-xmlfile, openpyxl
Successfully installed et-xmlfile-1.1.0 openpyxl-3.0.7

IDLE

このブログでは、pythonの学習にIDLEを使用しています。

IDLEについては、こちらの記事(IDLEの使い方 python入門#2)で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

Excelファイルの読み込み

以下のようなExcelファイルを読み込んでいきます。

ファイル名は「ghibli.xlsx」です。

それでは、実際にコードを書いてファイルを読み込んでみましょう。

以下のコードを見てください。

import openpyxl

wb = openpyxl.load_workbook('ghibli.xlsx')

print(wb.sheetnames)

1行目でopenpyxlのモジュールをインポートしています。

これをしないとファイルの読み込みができません。

openpyxl.load_workbook('ファイル名')とすることで、ファイルを読み込むことができます。

最後に、読み込んだファイルのシートの名前を出力します。

プログラムを実行すると、以下のようになります。

============= RESTART: /Users/miyacha/Desktop/python sample/lesson.py =============
['ジブリPart1', 'ジブリPart2']
>>> 

ファイルのシートの名前が、リストとして出力されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、PythonでExcelファイルの読み込み・上書き保存方法を解説しました。

 

みやちゃ

 

ここまでご覧いただきありがとうございます!

© 2022 みやちゃのブログ Powered by AFFINGER5