プログラミング

Linux シェル 基本的なコマンド  【Repl.it】

 

みやちゃ

 

皆さんこんにちは、みやちゃです!

物理とプログラミングについて解説しています!

こちらの記事で、Railsのアプリケーション開発からRspecのテスト、herokuにデプロイまで解説しています!

今回は
  • Linuxのシェルの基礎コマンド
この記事を読むと

Linuxのシェルの基礎コマンドを実行できるようになります!

Repl.it

今回は、Linuxの環境について、Repl.itを用いてコマンドを実行していきます。

Repl.itについては、こちらの記事(Repl.itの使い方)で詳しく解説しているので、ぜひご覧ください。

Repl.itの右側(黒)の画面は、Linuxのシェルです。

Repl.itを使えば、Linuxのコマンドを実行する事ができます。

シェルの基礎コマンド

それでは、シェルの基礎コマンドをご紹介していきます。

date

日付を確認できるコマンドです。

$ date
#実行結果
Sat Aug  7 01:45:31 UTC 2021
cal

カレンダーを出力するコマンドです。

$ cal
#実行結果
    August 2021       
Su Mo Tu We Th Fr Sa  
 1  2  3  4  5  6  7  
 8  9 10 11 12 13 14  
15 16 17 18 19 20 21  
22 23 24 25 26 27 28  
29 30 31              
           

オプションをつける事もできます。

$ cal 5 2021
#実行結果
      May 2021        
Su Mo Tu We Th Fr Sa  
                   1  
 2  3  4  5  6  7  8  
 9 10 11 12 13 14 15  
16 17 18 19 20 21 22  
23 24 25 26 27 28 29  
30 31  
uname

今動かしているシステムの情報を出力してくれます。

$ uname
#実行結果
Linux

$ uname -a
#オプションをつければ、詳細情報が出力される
pwd

現在居るディレクトリの場所を出力してくれます。

$ pwd
#実行結果
/home/runner/sample
ls

現在居るディレクトリの中のファイルの一覧を表示してくれます。

またオプションを付けると、詳細も出力してくれます。

$ ls
#実行結果
a.out  main.c

$ ls -l
total 16
-rwxr-xr-x 1 runner runner 8296 Aug  6 12:03 a.out
-rw-r--r-- 1 runner runner   77 Aug  6 11:59 main.c
cd

ディレクトリを移動する際に使います。

$ cd /
#ルートディレクトリに移動
$ cd home
# homeディレクトリに移動
echo

引数を出力するコマンドです。

$ echo "miyacha"
# 実行結果
miyacha
touch

ファイルを作成するコマンドです。

miyacha.txtというファイルを作成してみます。

作成できたかどうかを「ls」コマンドで確かめてみます。

$ touch miyacha.txt
$ ls
# 実行結果
a.out  main.c  miyacha.txt
more

ファイルの中身を見る事ができるコマンドです。

$ more main.c
#実行結果
#include <stdio.h>

int main(void) {
  printf("Hello World\n");
  return 0;
}

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、Linuxのシェルの基本的なコマンドをご紹介しました!

 

みやちゃ

 

ここまでご覧いただきありがとうございます!

こちら のUdemyの動画教材は、8時間で、

  • Dockerで仮想環境構築
  • Railsの基礎を解説しながら、アプリケーション開発
  • RSpecでテストを記述

まで解説しています。

Udemyの教材へ

Railsエンジニアとして働くために必要な、DockerとRSpecを同時に解説してくれています。

DockerとRSpecを使って作ったポートフォリオはかなり評価が高くなります。

ぜひ動画を見てみてはいかがでしょうか?

Udemyの教材へ

受講生は、5000人以上!です。

さらに、Udemyは、30日間の返金保証付きなので、いつでも返金できます。

たったの8時間でDocker、Rails、Rspecを学ぶ即戦力Railsエンジニア養成講座

こちら のUdemyの動画教材は、8時間で、

  • Dockerで仮想環境構築
  • Railsの基礎を解説しながら、アプリケーション開発
  • RSpecでテストを記述

まで解説しています。

Udemyの教材へ

Railsエンジニアとして働くために必要な、DockerとRSpecを同時に解説してくれています。

DockerとRSpecを使って作ったポートフォリオはかなり評価が高くなります。

ぜひ動画を見てみてはいかがでしょうか?

Udemyの教材へ

受講生は、5000人以上!です。

さらに、Udemyは、30日間の返金保証付きなので、いつでも返金できます。

たったの8時間でDocker、Rails、Rspecを学ぶ即戦力Railsエンジニア養成講座

© 2021 みやちゃのブログ Powered by AFFINGER5